【韓国政経レポート】第6回 韓国司法部の内紛勃発か?

戦後の韓国政治の歴史の上で、司法府は静かな権力機関だった。司法試験に合格したエリートたちが法に従って裁判をして判決を下す場所だ。荒く言えば、同質の機能を遂行する専門家の集団だ。ところが最近、韓国の裁判所が同じ事案に対して異なる判決を出すという異例の光景が繰り広…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:猫は嫌われ者――。小欄…(10/20)

【2050年炭素中立】50年には石炭火力をゼロに 急速な脱炭素シフト、財界が反発(10/20)

新規感染者1073人、死者21人増(10/20)

ワクチン完了62.9万人増、接種率65.9%(10/20)

サムスンSDI、ステランティスと合弁へ(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

セネックス、韓ポスコから8億$超の買収案(10/20)

現代自・起亜、独英でのEV販売好調(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン