• 印刷する

日通、医薬品輸送の適正流通基準認証を取得

日本通運のカンボジア子会社、カンボジア日本通運は18日、国内の輸送サービスに関して医薬品の適正流通基準「GDP」の認証を取得したと発表した。認証の発効日は今年3月14日。

カンボジア日通は多くの医薬品を輸入に依存するカンボジアの状況に対応するため、2019年12月に冷凍・冷蔵庫を完備した「プノンペンロジスティクスセンター」をプノンペン経済特区(SEZ)に開設。今年4月から、カンボジアの日系病院で使用される医療・医薬品の保管業務を開始していた。

同社は「今後ますます需要が見込まれる医薬品の分野において、安全・安心を届けるサービスを確立し、カンボジアの医療環境の発展に貢献していく」とコメントしている。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

外国産食肉の輸入、一時的に停止へ(17:16)

首都などに夜間外出禁止令、来月12日まで(07/30)

物流市場の寡占が経済成長妨げに=OECD(07/30)

6月末の銀行融資、不動産・建設が31%(07/30)

国境貿易、1~6月は30%増の2.7兆円(07/30)

150人超がデルタ株感染、市中感染も広がる(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン