• 印刷する

テイクオフ:「きょうのお昼は何を食…

「きょうのお昼は何を食べるつもり?」「コリアンバーベキューのレストランに行く予定!テークアウト(持ち帰り)より、絶対にその場で食べる方がおいしいから、この日を楽しみにしていたんだ」

タクシーの車内でかかっていたラジオから、弾んだ声が聞こえてきた。店内飲食が解禁となった21日の朝のことだった。飲食店の経営者・消費者の両方が、待ちわびていた1カ月以上ぶりの店内飲食解禁。1グループは2人までという条件はあるものの、多くの人が歓喜している様子を肌で感じた。

先日も自宅近くのカフェでは、営業時間ぎりぎりまでほぼ満席の状態だった。家族や友人と心から楽しそうに食事をしている人たちの様子を見ていると、こちらまで明るい気持ちになる。飲食店のそばを通り過ぎるたび、しばらくはみんなが喜んでいる雰囲気を感じられそうだ。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京五輪が始まり、小さ…(07/28)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

企業間取引の越境EC強化 テマセク、中国企業と提携で(07/28)

5Gに新たな周波数割り当て、年内入札へ(07/28)

【食とインバウンド】「ムスリムフレンドリー」な旅先ランキング(07/28)

政労使3者、職場公平性に関する委員会設立(07/28)

企業のキックバック、年平均960件取り調べ(07/28)

中国雑貨店メイソウ、玩具商品の自販機設置(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン