• 印刷する

新マニラ空港、8月着工の見通し

フィリピンのトゥガデ運輸相は18日、財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)が開発計画を進めている新マニラ国際空港(ブラカン国際空港)について、今年8月にも着工するとの見通しを明らかにした。

トゥガデ運輸相は会見で「45~60日以内に着工する見通しだ」と話した。4~6年後の完工を見込んでおり、現在サンミゲルは資金の調達や空港建設に向けた土地通行権の獲得などを進めている。

サンミゲルはブラカン国際空港の50年間の開発・運営権を取得している。総事業費は約7,400億ペソ(約1兆6,800億円)で、完成後は年1億~2億人の旅客を処理できるようになる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、16~22日は新たに1214人感染(20:25)

テイクオフ:フィリピンに関する知識…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

最低賃金、各地で引き上げ 首都圏は33ペソ、一段の物価高も(05/23)

岸田首相、マルコス氏と電話会談(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

〔ミ島通信〕マラウイ市に住宅提供、日本支援(05/23)

特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン