雨期作への不安高まる 農業融資が停滞、肥料など高騰

ミャンマーで、雨期に栽培されるコメ、いわゆる雨期作などの生産に対する不安が高まっている。作付けは6月ごろから始まるが、クーデター後の長引く混乱で、必要な資金がコメ農家に行き渡っていない。海外から輸入される肥料なども値上がりしている。作付けに向けた準備が整わず、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、酸素濃縮器700台を提供へ(14:12)

インセイン刑務所でデモ勃発、弾圧激化懸念(14:12)

NLD幹部がコロナで死亡、収監先で感染(14:12)

ミャンマーから帰国時に6日間のホテル隔離(14:12)

コロナ治療に対応の民間病院リストを公開(10:55)

薬物などで逮捕の犯罪者解放、コロナ拡大で軍(10:59)

ミャンマー人監督の解放を、日本映画監督協会(10:56)

死者300人超え、新規感染は6701人(07/24)

休日を8月1日まで延長、コロナ拡大で(10:26)

新規感染者6千人台で高止まり、死者247人に(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン