• 印刷する

テイクオフ:年中暑いマレーシアでは…

年中暑いマレーシアでは、ランチに冷たい物が食べたくなる。今はロックダウン(都市封鎖)が敷かれているため、外食はせずに家でうどんをゆでて冷やして食べているが、人間の脳は温かい料理よりも冷たい料理の方がカロリーが低いと認識し、食べ過ぎてしまう可能性があるそうだ。

ある研究によると、多くの人が温かい料理よりも冷たい料理の方が低カロリーだと無意識に判断していた。温かい食べ物は満腹感が感じられることからカロリーが高いと認識するそうだが、冷たい食べ物でも、食べ過ぎれば当然のことながらカロリーや脂質、炭水化物を余分に摂取してしまう。

外出がままならず運動量が減っているこの時期、食べ過ぎれば確実に太ってしまう。脳が無意識に判断してしまうのであれば、冷たいうどんを暖かい料理に切り替えて食べ過ぎを防ぐしかない。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラブアンの接種率、成人人口比で80%達成(19:21)

テイクオフ:マレーシア人の42%が…(07/27)

10月以降に社会・経済正常化へ 国家回復計画の移行基準を改定(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

新規感染1万4516人、死者最多(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

RM1=26.1円、$1=RM4.23(26日)(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン