武漢研究者にノーベル賞を、中国=漏えい説反発

【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は17日、新型コロナウイルスが中国科学院武漢ウイルス研究所から漏えいしたとの説を米国側が言い立てているとして「デマ」だと反発した。武漢の研究者らの新型コロナ研究は「ノーベル医学生理学賞に値する」と主張した。 趙氏は記者会見…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財新製造業PMI、7月は1年超ぶり低水準(08/03)

テイクオフ:消毒液の臭いが充満する…(08/02)

大都市でコロナ警戒体制強化 企業も自主規制、経済活動に影響(08/02)

下期に積極財政政策、中央政治局会議(08/02)

人民銀、下期も穏健な金融政策を維持(08/02)

新車CO2を37%削減、日米欧と中国=日産(08/02)

7月の製造業PMIは50.4、4カ月連続下落(08/02)

中国、データ管理を指導=アリババなど大手12社(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン