データ安全法、車や通信に=罰金最高1.7億円

【北京共同】中国は国家安全の観点からデータの取り扱いを規制する「データ安全法」を成立させた。17日までに公開された全文によると、中国国内で生じる全てのデータが対象で、主な分野として工業や交通、通信などを挙げた。世界的に開発競争が激化する電気自動車(EV)や次世代…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

陽性率35%超が11日間連続、死者338人(14:35)

中国の経済成長率8.1%に下方修正、IMF(14:48)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

テイクオフ:東京五輪が開幕する少し…(07/28)

企業間取引の越境EC強化 テマセク、中国企業と提携で(07/28)

NEVの資金調達1.4兆円に 今年上期、通年は前年比5割増へ(07/28)

中国のサービス貿易、35年に世界最大か(07/28)

トヨタは北京ボイコットを、米紙が五輪でコラム(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン