医薬品メルク、東南アの生産ハブに

ドイツの医薬品・化学品メーカー大手メルクのインドネシア法人は、2024年までに首都ジャカルタの生産工場を東南アジア域内の生産ハブ(拠点)にすることを目指している。生産設備の近代化や自動化を進めるほか、輸出拡大に向けて生産能力を23%引き上げることも計画する。 メルク…

関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期税収5%増、不況で税還付額も19%増加(07/23)

ゴジェックの決済、ジャゴ銀が利用可能に(07/23)

【4カ国緊急アンケート】ワクチン未接種、日系の半数 現地残留は「業務の都合」が大半(07/23)

25日まで入国制限、滞在許可所持者は例外(07/23)

世界最大の浮体式太陽光発電施設、バタムに(07/23)

2036年五輪招致目指す、32年逃し(07/23)

曙ブレーキで火災、負傷者なし(07/23)

政策金利を据え置き、成長率予測は下方修正(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン