三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資

三菱商事は16日、ラオス南部で風力発電施設「モンスーン陸上風力発電所」の開発を手掛けるインパクトエナジー・アジア・デベロップメント(IEAD)に出資すると発表した。同発電所は2024年に稼働予定で、急速な経済成長を背景に電力不足が深刻化するベトナム向けに売電する。実…

関連国・地域: タイベトナムラオス日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

セコンなど3県、29日まで一部ロックダウン(07/28)

新たに169人感染、死亡6人目も(07/28)

【新ラオス法】第30回・投資奨励法の明確化について(07/28)

対ラオス貿易、上半期は輸出入とも2桁増(07/28)

23~26日の感染866人、累計4985人(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

J&J製ワクチン、間もなく接種開始へ(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン