• 印刷する

テイクオフ:各地でロックダウン(都…

各地でロックダウン(都市封鎖)が導入され、外出に制限がある中、インドで最も古い現役の列車の運行がひっそりと110年目を迎えたらしい。1910年代初頭から現役で列車が走り続けているというのだから驚きだ。

最初は将校らを乗せていた長距離列車で、後に一般市民も利用可能になったのだとか。今日でも乗車できることにはロマンを感じる。途中からはエアコンにも対応したらしい。機会があれば、歴史がある列車を選んで乗ってみるのもいいかもしれない。

シベリア鉄道や、オリエント急行、スイスの山岳鉄道など、列車の旅には憧れがある。インドではヒマラヤ鉄道などの山岳鉄道が世界遺産に登録されており、豪華列車なら「マハラジャ・エクスプレス」や「パレス・オン・ホイールズ」がある。この国の観光資源を考えれば、1度は乗りたいと思う観光列車がもっと出て来てほしいと期待する。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、電動SUVを1000万ルピーで発売(18:02)

IT大手4~6月は2桁増収 DX需要旺盛、人材確保が課題に(07/23)

バジャジ、電動車子会社を設立へ(07/23)

マルチスズキ、農村部での販売500万台達成(07/23)

シュコダ、印向けの新たなSUVの投入計画(07/23)

ヒーロー、宅配用電動自転車の販売店を開設(07/23)

リチウム電池のロハム、生産能力増強へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン