• 印刷する

テイクオフ:シドニーは6月10日に…

シドニーは6月10日に過去37年間で最も寒い1日となった。日中の最高気温がこの時期の平均気温の10度を下回り、ニューサウスウェールズ州の地方では珍しく雪が降ったそうだ。

日本の方が冬の寒さは厳しく、日本にいた頃は一日中「こたつむり」だったというのに、シドニーの我が家にはこたつがない。そこで、寒いと嘆くのではなく、寒い冬を乗り切る方法を調べてみた。

室内の暖かさの40%は窓から逃げていくため、カーテンを閉めることで室内の暖かさをキープできる。また、天井のファンを回すことで、天井付近にたまった暖かい空気が下に降りてくる。

さまざまなウェブサイトを見てみたが、読み進めていくと結局最後に書いてあるのは、温かい飲み物で身体を芯から温め、着込むこと……。こうなったら日本からこたつを輸入するしかない。(弥生)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:民放チャンネルのセブン…(07/30)

豪政府、日豪経済協定アップグレードへ(07/30)

三菱商、豪企の40%取得で排出枠事業参入(07/30)

シドニー8区域の規制更に強化、感染止まらず(07/30)

豪ワクチン希望者への接種、今年中に完了へ(07/30)

ロックダウン延長で最大30万人失業も=大手銀(07/30)

IMF、豪経済成長率予想を大幅に上方修正(07/30)

NSW印紙税収、昨年度97億$と過去最高(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン