ウィスマ・アトレット、病床利用率75%に

緊急医療施設として新型コロナウイルス感染者を受け入れているインドネシアの首都ジャカルタの宿泊施設「ウィスマ・アトレット」で、隔離病床の利用率が上昇している。イスラム教断食明け大祭(レバラン)直後の5月17日は15%だったが、今月12日時点では75%まで上昇した。地元各…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

エネ鉱省、不正横行で石炭採掘地の検査強化(07/30)

自動運転車、高速道で5年以内に試験実施(07/30)

現代自がLGと合弁工場設立 インドネシアでEV電池生産へ(07/30)

上半期の再エネ投資11億ドル 25年に23%達成へ法整備(07/30)

ユニ・チャーム、シェア伸ばして首位維持(07/30)

首都、従業員の出社にワクチン接種義務付け(07/30)

アストラ上期、自動車需要回復で2桁増収(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン