• 印刷する

AR活用の在宅運動ゲーム、韓国企業が販売

拡張現実(AR)を活用して体を動かすゲームの開発を手掛ける、韓国のトゥハンズ・インタラクティブが、ベトナムの韓国系フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業、フィンガービナと提携したと発表した。

トゥハンズ・インタラクティブのゲーム「ディディム(DDIM)」を、ベトナム市場で販売する。

「ディディム」はゲームに合わせて体を動かすことで、毎日の運動量を記録できるのが特徴だ。ゲーム内容は体力作りからヘルスケア、頭脳トレーニングまで50種類以上ある。韓国ではスポーツ施設や商業施設、イベント会場などに導入されている。

「ディディム」をベトナムで販売する背景には、新型コロナウイルス感染症による外出制限により、室内での運動のニーズが高まっていることがある。また気温が高い東南アジアでは、日中の野外活動を控え室内にいる傾向が高い点にも着目した。ベトナムでの販売後は利用者の動きや運動量をデータ化して現地の利用者に関するビッグデータを構築し、ゲーム内容の改善に役立てる予定だ。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: IT・通信メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中部省の車生産拠点に社員寮 地場大手、規制長期化にらみ(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

市中感染7859人増、4波の累計10万人超え(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

繊維業界の受注停滞、外資が他国へ切り替えも(07/27)

韓国サムスン、HCM工場の稼働率4割以下(07/27)

ホーチミン市の外出制限、宅配にも影響(07/27)

配車アプリ運転手、所得税率1.5%に上昇へ(07/27)

グローバルトランス、航空事業の認可取り消し(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン