• 印刷する

テイクオフ:集合住宅の地下にゴミ出…

集合住宅の地下にゴミ出しに行くと知人がいた。この土地の元地主のオージーでわが家では彼のことを「管理人さん」と呼んでいる。

管理人さんは実際に組合の理事でもありゴミのチェックをしていた。「まずいタイミングだな」。ササッと戻るつもりが、何となく手伝う羽目になってしまった。段ボール箱をつぶしていると突然、「猫は元気かい」と聞かれあぜん。本来は届け出が必要だが、おっくうで提出していない。「元気だよ」とごまかしつつ、なぜ知っているかと驚いた。

それ以上何も言われなかったが、とがめられた気分でいると、ふと彼がある物をより分けているのに気付いた。ペットボトルだ。当方の視線に気付いた彼は「捨ててはいけない物だ」とただ一言。ははあ換金か。いいよ管理人さん、こちらも何も言わない。猫とおあいこだ、と気分を戻して手伝いを終えた。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:息子が通う保育園の保護…(07/23)

NEC、スマートシティー参画 西シドニーで仏企と覚書(07/23)

NTT都市開発、メルボで住宅開発用地取得(07/23)

〔政治スポットライト〕日本は全力で豪州を支援=山上駐豪大使(07/23)

シドニー感染者が増加の一途、外出者減らず(07/23)

モリソン首相が謝罪、ワクチン接種の遅れで(07/23)

財界が労使制度の再緩和を要求、政府は静観(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン