• 印刷する

サッポロ、15日からヱビスビール販売

サッポロビールはシンガポールで「ヱビスビール」の販売を開始すると発表した(同社提供)

サッポロビールはシンガポールで「ヱビスビール」の販売を開始すると発表した(同社提供)

サッポロビールは9日、シンガポールで「ヱビスビール」の販売を開始すると発表した。今月15日から順次販売する。同国では日本ブランドが消費者に支持されているため、家庭向けを中心に販促する。

販売するのは350ミリリットル缶だ。サッポロビールの広報担当者によると、サッポログループ傘下のシンガポール子会社ポッカと、日本産飲食品の卸売販売を手掛ける現地企業マコトヤ・シンガポールの2社が代理店として販売活動を担う。

ポッカは茶系飲料でシンガポール市場のシェア1位となっており、同社の流通網を生かして大手小売企業などに売り込む。マコトヤは日本酒や焼酎など日本の酒類で幅広い取り扱いがあり、特に日系の小売企業を中心に拡販していく。

シンガポールでは酒類の消費量の中でビールの占める割合が高く、特に日本ブランドは消費者に支持されている。既に「サッポロ・プレミアム・ビール」を販売しているが、これに「ヱビスビール」を加えることでシンガポールのビール市場でプレゼンス向上を狙う。

価格は明らかにしていないが、サッポロ・プレミアム・ビールの約1.2倍という。一部の飲食店向けに販売することも想定している。

シンガポールで「ヱビスビール」は、一部のネット通販などで並行輸入で販売されている。サッポロビールの広報担当者は、「ヱビスビールを(正規代理店を通じて)販売していた時期もあったが、近年は主力商品のサッポロ・プレミアム・ビールに注力すべく、ヱビスビールを輸出していなかった」と説明。市場性などを鑑みて、改めて販売することにしたと付け加えた。

シンガポールのビール市場については、「今後の新型コロナウイルスの感染状況や行動規制の解除など時期は見通せないが、コロナ禍から脱した後には、酒類に占めるビールの割合が高く日本製品や高級なブランドを求める層も多いことから、輸入ビールにとって大変魅力的な市場だと考えている」と述べた。

シンガポールでのビール商品の販売目標などは明らかにしていない。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、取材した食品系企…(10/20)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

警備大手、新ビデオ会議システム提供(10/20)

5Gの実証基地、国内4カ所に設置(10/20)

英半導体企業、東南アジア統括拠点を開設(10/20)

企業の懸念材料、コストが最大=中華商工会(10/20)

労使紛争解決の補償金、1年で1300万Sドル(10/20)

高島屋の元従業員など、汚職で10カ月の禁錮(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン