東南アの車生産、遠のく復調 1~4月、半導体不足の重しも

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)がまとめた2021年1~4月の域内の自動車生産台数は約120万8,900台だった。新型コロナ禍初期の混乱で各国の工場が停止した前年同期比では21%増えたが、19年と比べるとなお15%減と振るわない。昨年後半に一時見えた回復基調…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロ店舗前で地元農産品を販売、HCM(18:37)

63省市の3割が「新常態」に 第4波一服、「赤」地域ゼロ(10/25)

週末の市中感染1.1万人増、4波累計88.4万人(10/25)

双日と大ガス、工業団地で屋根置き太陽光事業(10/25)

北部の石炭火発、韓国ポスコが持分売却決定(10/25)

風力発電所、9月以降の運転開始は28カ所(10/25)

出光興産、中南部でブラックペレット生産へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン