ロックダウンを19日まで延長、一部で緩和も

ラオス政府は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために講じていたロックダウン(都市封鎖)措置を、首都ビエンチャンなどで19日まで延長すると発表した。一方で、感染の拡大が抑えられている地域では措置を緩和する方針を明らかにした。 政府は首相府官房通知で、新型…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

感染241人、首都ワクチン接種4割(07/30)

J&J製ワクチン、8月2日から接種開始(07/30)

【ラオス経済通信】世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 第163回(07/30)

国境貿易、1~6月は30%増の2.7兆円(07/30)

中老鉄路の開通準備、月例閣議で促進指示(07/29)

新型コロナ感染280人、過去最多に(07/29)

セコンなど3県、29日まで一部ロックダウン(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン