非接触型決済の普及加速、コロナ禍が追い風

米クレジットカード大手ビザは、消費者の決済動向に関する調査結果を公表し、カンボジアで新型コロナウイルスの感染拡大を機に非接触型決済が急増したことを明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が2日に伝えた。 ビザによると、44%が「新型コロナの感染拡大前に比べて現…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

一部事業と集会の禁止、首都で2週間延長(07/27)

マンゴー輸出ほぼ倍増、中国向けが主流(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

中銀の経済分析システム、日本支援で始動(07/27)

ファーマニアガ、新興国向けにワクチン輸出も(07/27)

日本提供ワクチン、第1弾が首都に到着(07/26)

非公式部門の失業者、コロナ禍で600万人超(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン