JICA、コロナ対策で1600万ペソ支援

国際協力機構(JICA)は5月31日、フィリピンに新型コロナウイルス対策でデータ管理や遠隔医療に関する支援を実施すると発表した。1,600万ペソ(約3,600万円)相当の機器を提供する。 フィリピン保健省傘下の熱帯医学研究所(RITM)を通じて支援する。ノートパソコンやデ…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日が落ちた頃、路上に体…(10/28)

いすゞ、工場に太陽光発電 22年半ば稼働、三菱商事など受注(10/28)

新型コロナ感染3218人、5カ月ぶり低水準(10/28)

未成年への接種、11月3日から対象拡大(10/28)

首都圏5市、コロナ集団免疫の獲得水準に(10/28)

11月末に新規感染2千人下回る、比大機関(10/28)

セブパシ航空、複数出発便にPCR検査不要(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン