鉱工業生産、5月も12%上昇 第4波、工場停止を極力回避

ベトナム統計総局(GSO)によると、5月の鉱工業生産指数(IIP)は前年同月から11.6%上昇し、3カ月連続で増勢を維持した。4月下旬からの新型コロナウイルス感染拡大「第4波」により北部の一部工場が操業停止を余儀なくされているが、全体への影響は軽微だった。政府はサ…

関連国・地域: 台湾韓国ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中部省の車生産拠点に社員寮 地場大手、規制長期化にらみ(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

市中感染7859人増、4波の累計10万人超え(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

繊維業界の受注停滞、外資が他国へ切り替えも(07/27)

韓国サムスン、HCM工場の稼働率4割以下(07/27)

ホーチミン市の外出制限、宅配にも影響(07/27)

配車アプリ運転手、所得税率1.5%に上昇へ(07/27)

グローバルトランス、航空事業の認可取り消し(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン