• 印刷する

VIC州のロックダウン、企業打撃25億$か

オーストラリア・ビクトリア(VIC)州で実施中の7日間のロックダウン(都市封鎖)により、企業への打撃が最大で25億豪ドル(約2,118億円)に上る恐れが浮上している。これまでのロックダウン時と異なり、連邦政府の給与補助制度「ジョブキーパー」など雇用維持のための支援が不足していることから、失業者や企業の倒産が急増すると予想されている。エイジなどが伝えた。

財界団体のオーストラリア産業グループ(AIG)は28日に、ロックダウンがもたらす直接的・間接的な経済的打撃の試算を発表した。ただ、失業による給与の損失予測は含まれておらず、実際はさらに大きな経済的被害となりそうだ。

一方、コモンウェルス銀行(CBA)のエコノミストは、今回のロックダウンについて国内総生産(GDP)への打撃が13億豪ドル以上に上る恐れがあると指摘した。エコノミストによれば、規制の規模はVIC州が新型コロナウイルス流行抑制のため昨年8月に実施したステージ4の厳格なロックダウンと等しいという。これによりエコノミストは、同州の経済的活動は1週間で15%抑制されると予測した。

また、ロックダウンが解除された後にも市民がVIC州との行き来を控える可能性があるなど、間接的な影響を加味すれば、GDPへの打撃はさらに悪化する恐れがあるとした。

■小売りへの影響は10億$以上

オーストラリア小売業協会(ARA)によると、ロックダウンにより消失する小売売上高は10億豪ドル以上に上る見込み。レストランやケータリング業界は売上高が2億豪ドル減少するとみられ、さらに不要となった材料を廃棄することによる損失は6,000万豪ドル規模だという。

ARAは「ジョブキーパーが終了した今、中小企業は大きな圧力を受けることになり、信頼感に重大な影響を与える」と警告した。

■QLD観光業に最大の打撃か

ロックダウンにより、観光業界はVIC州に限らず全国的に打撃を受けている。航空会社はメルボルン発着のフライトをキャンセルしており、旅行代理店は顧客の予約キャンセル対応に追われている状況だ。

特に冬は、暖かいクイーンズランド(QLD)州に旅行するメルボルン住民が多いことから、同州観光業は最も大きな影響を受けるとみられている。

■VIC州政府が2.5億$支援策

VIC州政府は30日、2億5,000万豪ドル規模の支援策を発表した。9万社の中小企業が対象になるとみられ、飲食事業者などに1社当たり2,500豪ドルが支給される予定だ。

VIC州のパラス財務相は、連邦政府のフライデンバーグ財務相に同州への財政支援を要請したが却下されたもようだ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのオリンピック…(10/07)

豪の最高税率適用者、10年で倍増 30年までに100万人突破も(10/07)

〔政治スポットライト〕岸田首相、10月下旬に豪訪問で調整(10/07)

豪の人材不足職種、前年から倍増(10/07)

卒業生ビザ拡大で人材不足解消を=商工会議所(10/07)

豪若者、高学歴も収入に見合わず?=報告(10/07)

豪8月貿易黒字が縮小、世界経済減速が圧力に(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン