• 印刷する

北部の4工業団地停止、市中感染増で

ベトナム北部バクザン省人民委員会は18日、省内4工業団地の操業を一時停止させた。同省は4月下旬からの新型コロナウイルスの感染第4波の市中感染者数が最も多い。工業団地の一時操業停止によって、他地域に拠点を置く企業などへの波及防止を図る。

操業が停止されたのはディンチャム工業団地、クアンチャウ工業団地、バンチュン工業団地、ソンケ―ノイホアン工業団地の4カ所。操業停止の期間については明らかにされていない。

保健省によると、「第4波」の市中感染者数は18日夕時点で全国で新たに152人見つかり、4月下旬からの累計は1,473人となった。152人の内訳は◇バクザン省96人◇首都ハノイ19人◇バクニン省16人◇ディエンビエン省7人◇ハナム省4人◇ハイズオン省3人◇中部ダナン市2人◇北部フンイエン省1人◇K病院(国立がん病院)関連1人◇タイビン省1人◇ハイフォン市1人◇ソンラー省1人――。

バクザン省の4月下旬からの累計感染者は18日夕時点で507人に達した。以下◇バクニン省306人◇ハノイ165人◇中部ダナン市144人――などと続いている。

バクザン省は、工業団地4カ所の一時操業停止とともに、ベトイエン郡全域とイエンズン郡の3村(ノイホアン、ティエンフォン、イエンルー)で、厳格な社会隔離措置の実施を求めた首相指示16号(16/CT―TTg)に基づくロックダウン(都市封鎖)を開始した。同措置の期間は次の指示があるまでとしている。

市中感染者数が2番目に多いバクニン省でも、18日午前6時から、省都バクニン市が首相指示16号に基づく対策を開始した。状況を見定めるため20日まで実施する。

■ホーチミン市で経路不明の感染

感染第4波拡大への警戒は南部でも続いている。

ホーチミン市疾病管理センター(HCDC)は18日、30代の男性が新型コロナ検査で陽性になったと発表した。男性は同市直属のトゥードゥック市在住で、3区の監査法人に勤務。感染源は明らかになっておらず、接触者の追跡が進められている。

男性は17日、熱やせきなどの症状があり民間病院を訪れた。検査の結果、18日に陽性が確認された。家族4人と暮らしており、過去1カ月はホーチミン市内から出ていないが、多くの顧客と接触していた。

地元各紙によると、市当局は接触者の隔離を進めるとともに、男性が住むマンション「サンビュータウン」のA1ブロックを封鎖。近隣にサンプル採取対象を広げており、約6,000人に影響が出ている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国営航空、8兆ドン増資検討 コスト削減後も黒字化見えず(06/25)

国鉄、8千億ドンの優遇融資を要請へ(06/25)

HCM市運輸局、タクシーの一部再開を提案(06/25)

市中感染279人増、南部各地に飛び火(06/25)

中国製ワクチン、配分は北部9省に限定(06/25)

韓国国際協力団、コロナ対応に3億円支援(06/25)

韓国外相が企業支援要請、フック主席に(06/25)

中部沖ケンバウ鉱区ガス田、28年に生産か(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン