日本人学校建設現場、関係者2人がコロナ感染

鹿島建設の台湾法人、中鹿営造は17日、同社が建設している台北日本人学校新校舎の建設現場で作業をしていた男性2人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。既に現場の消毒作業を行い、同社社員らのPCR検査を進めている。 2人は同社が業務を委託している内装業者の契…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/23)

外国人労働者の管理に新規定 コロナ拡大で、対応遅れ指摘も(06/23)

新型コロナ域内感染、2日連続で2桁(06/23)

接種対象を拡大、65歳以上から可に(06/23)

タクシー運転手らに優先接種、来月から(06/23)

コロナ警戒レベル、23日昼に方針発表へ(06/23)

HTCと中台科技大、医療人材育成で協力(06/23)

工研院のAI検温装置、TSMCなどが採用(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン