• 印刷する

《安全》市中9626人で最多、刑務所で集団感染(17日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は17日、新型コロナの感染者が新たに9,635人確認されたと発表した。市中感染者は9,626人で、5月13日の4,871人の2倍に上り、1日当たりの過去最多となった。このうち6,853人が刑務所内でのクラスター(感染者集団)だった。死者は25人。

刑務所以外で確認された市中感染者の内訳は、首都バンコクが1,843人、バンコク東郊サムットプラカン県が155人、バンコク北郊パトゥムタニ県が146人、バンコク北郊ノンタブリ県が129人など。

刑務所以外で確認された市中感染者のうち、1,820人が医療機関での検査で、953人が積極的疫学調査で陽性判定を受けた。市中感染者以外の9人は、海外からの帰国・入国者だった。

バンコクの刑務所2カ所でクラスターが確認されたことを受けて、全国の刑務所で大規模な検査を実施したところ、計6,835人が陽性判定を受けた。CCSAによると、バンコクと北部チェンマイ県の刑務所が多かったという。

死者25人のうち、18人がバンコク在住だった。男性が15人、女性が10人で、年齢は33~86歳。このうち15人が高血圧を、7人が糖尿病を患っていた。

累計の感染者は11万1,082人で、治療中の感染者は4万3,268人。回復者は6万7,200人で前日から1,397人増えた。死者は614人となった。

1万9,940人が1回目のワクチン接種を、2,218人が2回の接種を完了。ワクチンの接種回数は、合計で226万4,308回となった。

■医療専門家、制限緩和に懸念

タイ政府が17日、新型コロナの感染動向に応じて社会・経済活動の制限緩和に踏み切ったことを受けて、医療専門家は懸念を示している。ネーションが16日伝えた。

国立シリラート病院呼吸器疾患・結核科の責任者を務めるニティパット助教授は、自身のフェイスブックに「バンコクやその近郊では依然として新規感染者が増加しており、人工呼吸器を必要としている感染者や死者も多い」と投稿。政府は感染リスクの高い地域で検査を継続するとともに、新型コロナワクチンの接種を加速し、社会・経済活動の制限緩和後に規則が守られているかどうか監視を強化する必要があると指摘した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染3635人、首都で感染拡大続く(19日)(17:00)

首都など制限緩和、酒類提供は引き続き禁止(06/18)

市中感染3039人、接種後の死亡例調査(18日)(06/18)

電動車の保有台数、28年に100万台=国営銀(06/18)

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

成長の道筋示し、実務で成果 プラユット政権7年の評価(上)(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

市中感染3106人、従業員向け接種再開(17日)(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン