第1四半期GDP、2.6%縮小 5期連続マイナス、観光の低迷で

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)が17日に発表した2021年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP、速報値)は、前年同期比2.6%減だった。個人消費や公共投資の回復はみられたものの、新型コロナウイルス感染症の影響が21年に入っても続いたことで観光への打撃は依然…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サミティヴェ病院、ワクチン接種の受付開始(20:04)

市中感染者3248人、刑務所で確認増(12日)(19:06)

市中感染2260人、死者は27人(11日)(19:06)

上場企業、1Qは3.3倍の増益 原油価格上昇がエネ・公益に追風(06/11)

タイ貿易好調、4月は輸出入とも2桁増(06/11)

SET上場企業の21年1~3月期決算(表)(06/11)

市中感染2272人、死者は43人(10日)(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン