第1四半期GDP、2.6%縮小 5期連続マイナス、観光の低迷で

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)が17日に発表した2021年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP、速報値)は、前年同期比2.6%減だった。個人消費や公共投資の回復はみられたものの、新型コロナウイルス感染症の影響が21年に入っても続いたことで観光への打撃は依然…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スワンナプーム空港、世界ランク66位に転落(18:29)

シンガポール、ワクチンと検査キットを供与(19:16)

邦人帰国接種、未承認ワクチン接種者も対象に(18:55)

テイクオフ:タイ各地で降雨量が多く…(09/28)

検疫隔離、最短7日間に短縮 「開国」は11月から段階的に実施(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

感染者1万人超、過去2カ月で最少(27日)(09/28)

長城汽車、23年にタイでEV生産開始見通し(09/28)

フォード、ピックアップのシェア3位に浮上(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン