• 印刷する

テイクオフ:インドの新型コロナウイ…

インドの新型コロナウイルスの感染状況は依然として深刻だが、いくぶんか前向きな兆候も出てきた。ツイッターやフェイスブック、ワッツアップなどで感染者やその家族から緊急の助けを求める連絡は、5月の最初の10日間と比較して少なくなっている。

先週送られてきた集合住宅の感染者リストは5月の第1週よりも5割少なかった。感染者の支援に携わってきた著名なジャーナリストも、緊急の連絡が減っていることを認めた。

もう1つの前向きな兆候は、北部デリーの酸素の需給状況の改善だ。デリー首都圏政府は先週、余った酸素を必要とする他州に供給できると話した。実際のところ、より多くの酸素の供給を求める州は少なくなっている。

こうした進展はあるものの、特に農村部での状況の深刻さはこの国に大きな打撃を与え続けている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ATM利用手数料上限、来年1ルピー引上げ(18:53)

食料雑貨で近代小売り拡大 25年にシェア10%、EC普及加速(06/11)

5月の自動車小売り、第2波深刻化で激減(06/11)

高価格帯の自転車市場、ローンの利用拡大(06/11)

5G試験実施へ、携帯各社に帯域割り当て(06/11)

国鉄通信に周波数帯を割り当て、内閣承認(06/11)

アダニ、空港事業でIPOを計画(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン