• 印刷する

テイクオフ:香港とシンガポールが2…

香港とシンガポールが26日からの開始を予定していた、隔離なしでの条件付き往来再開計画にいよいよ赤信号がともり始めたようだ。シンガポール政府は国内で新型コロナウイルスの市中感染が衰えをみせないことから、延期の可能性が高いと表明。きょう17日にも最終判断するという。

シンガポールとの隔離なし往来は、元々は昨年11月に開始予定だったのが、香港でのコロナ感染拡大「第4波」によって2回延期され、ようやく今月に実施の運びとなっていた。またも延期となれば香港側の落胆はさぞかし大きいだろう。

旅行先として香港人の人気が高かった日本でも変異株感染が広がり、緊急事態宣言の対象地域が再拡大される事態となった。日本との隔離なし往来など、夢のまた夢といったところ。「海外旅行は当たり前」が香港に戻ってくるのは果たしていつの日か……。(和)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(13:32)

ワクチン年齢12歳に引き下げ 対象682万人に拡大、校内接種も(06/11)

新たに2人感染、域内はゼロ=計1万1874人(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

ペニンシュラ、従業員にワクチン接種強要か(06/11)

ゲンティンのクルーズ船到着、抽選会を実施(06/11)

7日続落、一部主力銘柄に売り=香港株式(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン