• 印刷する

テイクオフ:士気の向上や愛国精神の…

士気の向上や愛国精神の発揚のために軍隊で歌われる「軍歌」。韓国では、このほど陸軍が公開した新しい軍歌「陸軍、We陸軍」の内容が物議を醸している。

問題となったのは、歌詞の約3割が英語で占められている点だ。歌詞に英語を使用すること自体が何かの規則に反しているわけではないが、これまでは韓国語の歌詞が当たり前だっただけに、「なぜ英語を多用したのか」という声が相次いだ。

兵役を終えた韓国人の友人も「軍歌にふさわしくない」と一蹴。ハングル団体は「国語基本法に反している」として陸軍の参謀総長を相手取った訴訟まで準備している。

陸軍によると、問題の軍歌は昨年11月から陸軍の兵士から募った優秀作品をベースに作られたものだとか。現段階で歌詞を修正する考えはないと、引き下がらない構えだ。思いがけない軍歌論争の結果やいかに。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

航空業界で「副業」ブーム 旅気分カフェ、体験型サービスも(06/25)

コロナ新規感染者、2日連続で600人台(06/25)

インド型の感染者190人、流入の初期段階に(06/25)

LGとのバッテリー工場、23年稼働目指す(06/25)

韓銀の李総裁、需要主導のインフレ警告(06/25)

電子決済Toss、「デカコーン」が視野に(06/25)

サムスン系列5社、給食の独占供給で課徴金(06/25)

韓国国際協力団、コロナ対応に3億円支援(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン