電動車30年に800万台へ、現状の80%相当

【共同】トヨタ自動車は12日、二酸化炭素(CO2)排出抑制の取り組みとしてハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など電動車の世界販売を2030年に800万台とする目標を発表した。現状の新車販売台数を基に算定すると、全体の80%程度に相当する。 欧…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国語で「睡得香」と書…(06/25)

双日、カーボン新素材の新興企業に出資(06/25)

トヨタ、技能研修提供で車部品業界と提携(06/25)

【アジア三面記事】女性もうらやむ美青年(06/25)

ホンダ新型シビック公開、開発効率化の第1弾(06/25)

中国製ワクチン、配分は北部9省に限定(06/25)

イオン、今年の設備投資費は2.5億リンギ(06/25)

トヨタ、社長報酬は4億円(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン