• 印刷する

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…

通勤途中に白を基調としたカフェがあり、爽やか系の若者が1人で切り盛りし人気だ。

その繁盛ぶりに目を付けたのか、その隣に別のカフェができた。こちらは黒を基調としているが、店員は屈強な男性2人でどことなく近寄りがたい。その自覚があったのかオープン時にだけ女性を雇い、無料のコーヒー券を配っていた。すると白カフェがコーヒー以外の軽食を出し始めた。黒カフェも負けじと軽食の張り紙を出す。毎朝2店の争う様子を見ていたが、黒カフェはなかなか客が付かず働く側も余裕のない顔つきになっていく悪循環で、結局3カ月足らずで閉店した。

それから3カ月。白カフェは今や3人も従業員が働く大繁盛店になっている。そして黒カフェが再びオープンしたが、ガチンコを避けたのか、ランチからの営業だった。どうやら勝負は第2ラウンドに入っているようだ。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

炭層メタンガス、22年に国内初の生産開始へ(06/18)

テイクオフ:シドニー北部のある駅の…(06/18)

豪5月失業率5.1%、コロナ前水準まで回復(06/18)

給与補助終了で解雇の社員、大企業が再雇用(06/18)

最低賃金引上げ、雇用市場に悪影響=豪財界(06/18)

記事対価が世界的課題、ネット普及で紙媒体不振(06/18)

過去10年の豪生活水準、50年代以降で最低水準(06/18)

株価急落のネット販売セタイア、豪紙を非難(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン