民族勢力トップ声明、国軍に融和的と批判

ミャンマー東部カイン州(旧カレン州)の少数民族勢力、カレン民族同盟(KNU)のムトゥ・セイ・ポー議長が発表した声明が、国軍に融和的だとして、カレン族から批判を浴びている。電子メディアのイラワジが11日伝えた。 ムトゥ・セイ・ポー議長は10日、声明で「政治問題の解決…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

雨期作への不安高まる 農業融資が停滞、肥料など高騰(06/22)

国軍トップ訪ロ、安全保障会議出席へ(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

コロナ感染407人、陽性率は11.9%に上昇(06/22)

軍政、インドのワクチン調達を一時停止(06/22)

ラカイン州、中国製ワクチンの接種開始(06/22)

コロナ低利融資利用者、返済期限延長を要請(06/22)

国内金価格、月初から2%下落(06/22)

工業相、国軍系製鉄所の早期稼働を呼び掛け(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン