• 印刷する

NZ政府、カード手数料引き下げで新法案

ニュージーランド(NZ)政府が近く、消費者がクレジットカードやデビットカードを利用して支払う際の手数料を引き下げる新法案を提出する見通しだ。実現すれば、国内企業にとって年間で最大7,400万NZドル(約58億3,800万円)のコスト削減効果があると期待されている。12日付NZヘラルドなどが伝えた。

NZ政府は、今年年央に最終的な政策決定を行う予定で、来年からの新法施行を目指す。

クラーク商業・消費者関係相は、インターチェンジ・フィー(クレジットカード加盟店側からカード発行者である金融機関に支払われる売上交換手数料)の上限について、クレジットカード決済ではオーストラリアと同水準の0.8%に、オンラインでのデビットカード決済では0.6%に設定すると発表した。

一方、デビットカードの非接触型決済のインターチェンジ・フィーについてはこれまで通り0.2%以下、挿入・スワイプ決済も0%のままとなる。

同相は、「NZではこれまで、マーチャント・サービス手数料の規制が不十分な上、オーストラリアよりも大幅に高い水準にあった」と指摘。これにより小売り各社の負担が増え、多くの場合、コストの増加分が消費者に転嫁されてきたとし、「経済回復を目指す上でNZ企業に課せられるマーチャント・サービス手数料の引き下げが優先課題であると判断した」と述べた。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:民放チャンネルのセブン…(07/30)

豪政府、日豪経済協定アップグレードへ(07/30)

三菱商、豪企の40%取得で排出枠事業参入(07/30)

シドニー8区域の規制更に強化、感染止まらず(07/30)

豪ワクチン希望者への接種、今年中に完了へ(07/30)

ロックダウン延長で最大30万人失業も=大手銀(07/30)

IMF、豪経済成長率予想を大幅に上方修正(07/30)

NSW印紙税収、昨年度97億$と過去最高(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン