• 印刷する

テイクオフ:女性が一人でタクシーを…

女性が一人でタクシーを利用すると運転手からやたらと話しかけられたり、既婚か未婚かなどを聞かれたりするのは「あるある」だ。当地ではたいてい、配車サービスのアプリに表示される名前を見て「ジャパニーズ?」から始まる。日本人というのもなめられる要因になっているのかもしれない。

そんな対応にうんざりしていた日本人女性数人で、対策を講じた。配車アプリの登録名を適当な英語の名前と、日本人らしからぬ名字に変更したのだ。友人はフィリピン人の夫の名字に、別の友人は気に入ったシンガポール人閣僚の名字を選んでいた。自身も中華系のよくある名前に変えてみた。

効果はてきめん。乗るタクシーや配車車両のどの運転手も無言。無言。友人は「着物でタクシーに乗ったときすら話しかけられなかった!やった!」と喜んでいた。困っている方はお試しあれ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

高齢者施設、コロナで注目 日本へ迫る長寿国に商機(上)(21:56)

空港併設の商業施設、14日から入場再開(21:57)

繁華街の商業施設、複数感染で4日間閉鎖(22:23)

ゲンティン、横浜IRの事業者に応募(16:45)

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(22:24)

豪と隔離なし往来再開へ、首脳会談で合意(22:23)

チャンギ空港、貨物輸送が回復基調(16:45)

UOB銀、取引書類にデジタル署名導入(13:34)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン