• 印刷する

テイクオフ:「鎖国」で新型コロナウ…

「鎖国」で新型コロナウイルスの感染拡大を抑え、大盤振る舞いで失業者の増加を食い止めたのはモリソン政権の功績と言っていいだろう。成長率の回復を実現した手腕は、世界でも評価されている。昨晩発表した新年度予算案では、期待に応え、経済復興の加速を最重要課題として掲げていた。

ただし同政権が評価を落としている点もある。昨年発覚した自由党職員に対する一連のレイプ問題などについて、モリソン首相を含めた閣僚の後手に回った対応だ。内閣改造で女性問題への取り組みを示したが、世論調査では与党への女性支持率が落ちている。

モリソン首相は、来年5月までに実施する予定の総選挙に向け、今回の予算案を利用して女性に優しい政権をアピールしたいところだ。これまで女性を支援する予算案を強調しているが、それが実を結ぶのかどうか見物だ。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:利用しているシドニーの…(06/25)

10月にもアストラ製接種終了 ファイザーなどと切り替えへ(06/25)

NSW農相が陽性、議員間での感染拡大懸念(06/25)

豪観光業が800億$損失、州境規制でまた打撃(06/25)

ウールワース、コロナで「メトロ」資産評価減(06/25)

服飾ジェネラル・パンツ、売却へ(06/25)

米制裁に反発、商務省「必要な措置取る」(06/25)

豪開発企とKPMGが世界初、建物品質を追跡(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン