• 印刷する

テイクオフ:タイ人の間でフェイスブ…

タイ人の間でフェイスブックに立ち上げられた「海外に引っ越そう」というページが話題になっている。タイから海外に移住を希望する人たちが情報交換などのために利用している。4月30日にページが開設されてからわずか10日間でフォロワー数は90万人を超え、日々増え続けている。

フォロワーたちが海外移住を希望する理由は、タイ政府の新型コロナ対策やコロナワクチン接種の遅れに対する懸念、裁判の不当な判決、税制に対する不満などさまざまだ。一方で、このようなページの立ち上げは、Z世代(90年代半ば前後以降生まれ)の国に対する反発を助長する恐れがあるとの声もある。

タイの若年層は変わりつつあり、海外に留学したり、移住したりする人も増えている。結局のところ、どこで暮らしていくかは個人の自由だ。Z世代の一人として、このフェイスブックページは有用だと思う。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

成長の道筋示し、実務で成果 プラユット政権7年の評価(上)(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

三菱商事、ラオスの風力発電開発企業に出資(06/18)

市中感染3106人、従業員向け接種再開(17日)(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

MG、EV充電スタンドの設置目標引き下げ(06/18)

コロナ検出のワニ肉、購入者の家庭で付着(06/18)

BMW販社、メガバンナーにショールーム(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン