ビンGがスマホ生産から撤退 採算性見切り、EVに資源集中

ベトナムのコングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(ビングループ)は9日夜、傘下のビンスマートが手掛けるスマートフォンとテレビの生産を打ち切ると発表した。海外勢との激しいシェア争いが続く中、将来的にも事業の成長は見込めないと判断した。不動産部門を母体と…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)新型コロナウイルス感染者数(17日)(01/18)

【現場で語る2022年】製造の要衝、重要性変わらず 住商、スマート都市開発も始動(01/18)

EV優遇策相次ぐ、日本車の牙城切り崩しも(01/18)

南部産の果物、旧正月前に異例の価格下落(01/18)

クアンニン省の中国国境、青果受け入れ停止(01/18)

ビナサンタクシー、コロナ理由に副社長解雇(01/18)

ドンホイ空港の第2ターミナル、年内着工へ(01/18)

ベトジェット、ホーチミン―バンコク線再開(01/18)

HCMの土地高値落札、法改正で再発防止を(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン