WHOが医療危機を懸念、拘束や病院占拠で

世界保健機関(WHO)は5日、ミャンマーで医療従事者や患者の人権侵害や、国軍による医療機関などへの攻撃が横行しており、医療水準が低下していると懸念を表明した。 WHOによれば、ミャンマーでクーデターが起きた2月1日以降、計158件の医療に関わる人的、物的な被害が報…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英とEUが追加の経済制裁 国際社会に不一致も、国軍は強気(06/23)

軍トップ、招待受け「後ろ盾」のロシア訪問(06/23)

タイ外務省「国連総会決議は逆効果」(06/23)

マンダレーで防衛隊と軍が衝突、8人死亡か(06/23)

コロナ感染595人、政変後最多また更新(06/23)

エヤワディ、外出自粛地域からの帰宅者隔離(06/23)

サッカー選手が難民認定を申請、「認めて」(06/23)

AIIBの資金が国軍系へ、人権団体が指摘(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン