日本独占のパワー半導体、国産化が目前

韓国セラミック技術院は9日、酸化ガリウム製パワー半導体の商用化につながる2インチエピタキシャルウエハー(エピウエハー)を開発したと発表した。酸化ガリウム製パワー半導体は現在、日本のノベルクリスタルテクノロジー(埼玉県狭山市)が独占している。10日付電子新聞が伝え…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

航空業界で「副業」ブーム 旅気分カフェ、体験型サービスも(06/25)

コロナ新規感染者、2日連続で600人台(06/25)

インド型の感染者190人、流入の初期段階に(06/25)

LGとのバッテリー工場、23年稼働目指す(06/25)

韓銀の李総裁、需要主導のインフレ警告(06/25)

電子決済Toss、「デカコーン」が視野に(06/25)

サムスン系列5社、給食の独占供給で課徴金(06/25)

韓国国際協力団、コロナ対応に3億円支援(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン