• 印刷する

デリー、ロックダウンを17日まで延長

インドのデリー首都圏政府(州政府に相当)は9日、10日の早朝を期限としていたロックダウン(都市封鎖)と同等の外出禁止と活動制限の措置を17日まで延長すると発表した。新型コロナウイルス感染症の感染者数や陽性率、集中治療室(ICU)の使用率が高止まりしている状況から、1週間の延長が必要と判断した。

首都圏政府は4月19日に外出禁止措置を開始。今回の延長期間では、これまで制限付きで認めてきた都市高速鉄道(メトロ)の運行も停止する。

医療体制が事実上崩壊していることから、同政府は経済への打撃覚悟で措置を延長し続けている。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ノイダへのデータセンター設置、13社が関心(14:38)

消費者ローンの拡大に期待 小口融資中心に、地方に伸びしろ(06/18)

トヨタ、純正部品の配達サービスを開始(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

リコー、インド関連会社との資本関係解消(06/18)

海外製の太陽光発電モジュール、価格上昇(06/18)

国営石油、西ベンガルで送ガス管整備へ(06/18)

製糖ダルミア、エタノールの生産増強(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン