• 印刷する

テイクオフ:英アストラゼネカの新型…

英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンは血栓症への懸念により、マレーシアの国家接種計画の対象からは外れたが、先週から希望者を対象とする任意接種が始まった。アストラゼネカ製には当初懐疑的だったが、考えてみれば副反応のリスクが全くないワクチンなどない。

国内の1日当たりのワクチン接種回数は現在、2万2,000回。このペースでいくと、人口の75%が接種を終えて集団免疫を獲得するには6年近くかかるそうだ。インドでは1日当たり200万回の接種が行われており、集団免疫の獲得までには約2年との試算もある。

国家接種計画の枠組みで接種を受けるには、来年以降まで順番を待たなければならない可能性もある。1日も早く集団免疫の獲得に貢献できるよう、さまざまなデータを参考にした上で、アストラゼネカ製ワクチンの接種予約を申し込んだ。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

ゲンティン、横浜IRの事業者に応募(16:45)

全土封鎖を2週間延長、28日まで(11:21)

路線バス位置情報の実証実験 日系TKインターなど、パハンで(06/11)

新規感染5671人、累計64万人(06/11)

ス州の独自ワクチン接種、7月の開始目指す(06/11)

RM1=26.6円、$1=RM4.12(10日)(06/11)

欧プリント基板大手、クダ州に工場建設へ(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン