在宅勤務の税控除、昨年度に利用者100万人増

オーストラリア国税局(ATO)が昨年、新型コロナウイルスの影響で急増した在宅勤務者向けに仕事関連費用の税控除を簡素化した「ショートカット方式」を導入したことで、2019/20年度(19年7月~20年6月)に経費の税控除を申告した人の数が439万人と、前年の314万人から100万人…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:利用しているシドニーの…(06/25)

10月にもアストラ製接種終了 ファイザーなどと切り替えへ(06/25)

NSW農相が陽性、議員間での感染拡大懸念(06/25)

豪観光業が800億$損失、州境規制でまた打撃(06/25)

ウールワース、コロナで「メトロ」資産評価減(06/25)

服飾ジェネラル・パンツ、売却へ(06/25)

米制裁に反発、商務省「必要な措置取る」(06/25)

豪開発企とKPMGが世界初、建物品質を追跡(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン