• 印刷する

コロナワクチン接種の休暇、5日から導入

台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心は5日、新型コロナウイルスワクチンの接種者を対象にした職場の休暇制度を創設し、同日から導入したと発表した。接種後に発熱など副反応が出た際などに仕事を休むことができるようにした。

接種した当日とその翌日に無給での休暇を認める。企業の従業員、公務員ともに適用する。接種について記録したカードを持っていればよく、その他の証明書は不要。企業と政府機関は休暇申請を拒否することはできない。

同中心と労働部(労働省)は、ワクチン接種後に一定数が発熱などの副反応を示すことから、休暇制度の導入について検討していた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

UBS、台湾の21年成長率予測5.9%を維持(14:13)

モデルナ製ワクチン第2弾到着へ、24万回分(14:23)

コロナ警戒引き下げに慎重 衛生当局、感染者減も再拡大警戒(06/18)

新型コロナの域内感染、17日は175人(06/18)

陳時中指揮官、ワクチン調達の遅れで謝罪(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後(06/18)

経済部、工業区のワクチン大規模接種へ準備(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン