• 印刷する

世界初の微細藻類ミルク、現地企業が開発

シンガポールのバイオ食品技術企業ソフィーズ・バイオニュートリエンツは、微細藻類由来のミルクを開発した。同様の代替乳飲料の開発は世界でも初めて。豆乳やアーモンドミルクなどに続く、代替乳製品として期待されている。

微細藻類由来のタンパク質やアミノ酸、水を原料に製造するマイクロアルジー(微細藻類)ミルクを開発した。ナッツ類から作る代替乳飲料と似た食感だが、より牛乳に近いクリーミーさを持つ。乳糖(ラクトース)を分解できない人でも飲むことが可能で、アレルギー物質も含まれていない。

ソフィーズ・バイオニュートリエンツは、同社が特許を持つ微細藻類の品種を使い、3日で代替ミルクの原料となるタンパク質パウダーを製造する。今回は代替ミルクを開発したが、代替ひき肉などの製造も可能という。

同社のユージーン・ワン創業者兼最高経営責任者(CEO)は、2050年までに地球の人口が97億人に達するといわれる中、「微細藻類由来のミルクやタンパク質は、持続可能で環境に配慮した食料源となる可能性を秘めている」と語った。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4月輸出額は6%増、5カ月連続プラス成長(18:22)

職場の安全・健康管理違反、摘発急増(17:18)

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(16:45)

DBS子会社、暗号通貨信託サービスを開始(15:54)

飲食・小売業向け支援再開、感染対策強化で(15:53)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/17)

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/17)

学校を在宅学習に移行、19日から10日間(05/17)

ワクチン2回目の接種時期、割当増へ延期も(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン