• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタでは2014…

ジャカルタでは2014年に「グリッド・ロック」が発生する――。過去の調査報告などをみると、そう予測されていたこともあったようだ。グリッド・ロックは四輪車などの占有面積が道路の面積を上回ることで道路交通がまひする状態で、東京では東日本大震災のときに発生した。

しかしジャカルタの交通渋滞は予想に反して緩和しているようだ。オランダのデジタル地図サービス大手トムトムの調査では、ジャカルタの混雑度は17年に世界4位だったが、19年には10位に改善。20年は19位の東京を置き去りに一気に31位まで下がった。新型コロナの影響による一時的な結果かもしれないが大幅な改善を見せた。

一時は寂しいくらいに交通量が減ったが、今はコロナ前と変わらないと感じるほど。経済活動が戻りつつある証拠の一つだろうが、やはり何年たっても当地の渋滞はつらい。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(19:07)

ディーゼル発電358カ所、太陽光に転換へ(16:50)

テイクオフ:コロナ下での2度目のレ…(05/17)

イオン、コロナで客単価倍増 購買行動変化、食品や自転車拡大(05/17)

民間ワクチン1回32万ルピア=保健相通達(05/17)

アストラ製ワクチン、一部バッチの使用停止(05/17)

スマトラ石炭ガス化事業、米ガス大手が合意(05/17)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/17)

2QのGDP成長率、7%の見通し=調整相(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン