セイマンケイ特区、国内外の7社が投資検討

インドネシアの国営農園持ち株会社プルクブナン・ヌサンタラ(PTPN)3によると、子会社を通じて運営する北スマトラ州セイマンケイ経済特区に、パームヤシとゴム産業の国内外の企業計7社が投資を検討している。新型コロナウイルスの流行が始まった昨年に比べて、今年はこれら…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(06/14)

デジタル銀行の参入加速 12行以上、LINEも始動(06/14)

首都、一部外国人へのワクチン接種を容認(06/14)

在外外国人の滞在許可延長、受け付け終了(06/14)

新車奢侈税100%免除、8月まで延長方針(06/14)

ハナ銀とLINE、インドネシアでネット銀(06/14)

5月新車販売、前月比31%減の5.5万台(06/14)

中ジャワ州製油所で火災、供給に影響なし(06/14)

22年の歳出削減、財政赤字の縮小狙い(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン