電線の華新麗華、今年の業績は前年超えへ

台湾電線・ケーブル大手、華新麗華(ウォルシン)の焦佑倫董事長は、今年の業績が前年を上回るとの見通しを示した。台湾企業の回帰投資の恩恵で、今後2~3年は業界の先行きが明るいという。3日付経済日報が伝えた。 焦董事長は、主力の電線・ケーブル事業について、「米中貿易…

関連国・地域: 中国台湾インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で5月中旬にコロナ…(06/22)

5月の輸出受注額が最高更新 電子製品など好調、15カ月連続増(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

新型コロナ域内感染、38日ぶり2桁(06/22)

コロナ感染者減、蘇首相は対策継続を要請(06/22)

台北市のコロナ感染者、士林が万華上回る(06/22)

米国のワクチン提供、政権への不満改善か(06/22)

米ワクチン提供に中国反発、民進党もけん制(06/22)

鴻海と和碩、中国iPhone工場で人材採用強化(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン