• 印刷する

首都MRTのCP201区間、進ちょく15%超

インドネシアの首都ジャカルタを南北に走る都市高速鉄道(MRT)を運営するMRTジャカルタのウィリアム社長は27日記者会見を開き、中央ジャカルタのブンダラン・ホテルインドネシア(HI)駅からハルモニ駅までを結ぶ上下線のトンネル合計6本と、サリナ駅とモナス駅を結ぶ「CP201」工区の進ちょく率が、25日時点で15.4%に達したと発表した。

同工区は清水建設と国営建設アディ・カルヤの共同事業体(JV)が事業を請け負っており、2025年3月の完成を目指している。ウィリアム社長は「現時点での進ちょく率は予定通りだ」と述べた。

また、鉄道車両を調達する「CP206」と鉄道システムと線路敷設の「CP208」入札募集を21年第2四半期(4~6月)に、自動料金収受システムの「CP207」の入札募集を第3四半期(7~9月)に実施する予定だと明らかにした。

マンガブサール駅からコタ駅までの上下線トンネルと2駅を建設する「CP203」工区は、三井住友建設と国営建設フタマ・カルヤのJVが請け負うことが決定している。

また、ウィリアム社長は1~25日のMRT利用者が52万3,662人だったと明らかにした。多い日は1日3万人を超えることもあり、コロナ禍からの乗客数回復に期待をのぞかせた。

1~24日までのMRT運行本数は5,588本で、遅延や運休はゼロだった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(19:07)

ディーゼル発電358カ所、太陽光に転換へ(16:50)

テイクオフ:コロナ下での2度目のレ…(05/17)

イオン、コロナで客単価倍増 購買行動変化、食品や自転車拡大(05/17)

民間ワクチン1回32万ルピア=保健相通達(05/17)

アストラ製ワクチン、一部バッチの使用停止(05/17)

スマトラ石炭ガス化事業、米ガス大手が合意(05/17)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/17)

2QのGDP成長率、7%の見通し=調整相(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン