官民ファンドが177億円投資、保険未加入

【シンガポール共同】日本の官民ファンド「海外交通・都市開発事業支援機構」(JOIN)がミャンマーのインフラ計画に計177億円を投資していることが27日、分かった。総資産の2割弱に相当し、計画の停滞や撤退で被る損失を補塡する保険に入っていなかった。 ミャンマーでは2月…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、感染止まらず 2月来の最多更新3日目に(06/25)

地方でも感染拡大、ラカイン州など(06/25)

「民主体制の復活目指す」ロで国軍トップ(06/25)

総司令官、ロシアで戦闘機工場を視察(06/25)

23日までの弾圧犠牲者、2人増の877人(06/25)

テロ防止委、民主派組織への法的措置を協議(06/25)

ヤンゴンでまた暗殺、役場で爆発も(06/25)

FBで暴力的な投稿放置、市民団体が批判(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン