日企の豪投資、焦点は資源から水素に移行

日本企業のオーストラリア投資における焦点は、石炭などの資源分野から水素やIT分野に移行している――。オーストラリアの法律事務所ハーバート・スミス・フリーヒルズ(HSF)で日本企業のアドバイザーを務めるウィリアムズ氏が指摘している。特に、水素への重点的な投資によ…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学金融建設・不動産IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集合住宅の地下にゴミ出…(06/15)

豪州、対中国でG7支持確保 印太の安保・貿易など議論(06/15)

豪、日独シンガポールと水素産業協力を進展(06/15)

〔政治スポットライト〕コリンズ級潜水艦、寿命延長に100億$(06/15)

豪は高齢化と労働者減傾向、政府は移民拡大か(06/15)

〔ポッサムのつぶやき〕ブリスベン五輪7月に確定へ、費用は増加?(06/15)

VIC州ワクチン接種率25%に、国内最高(06/15)

QLD企業の収益性、8割がコロナ前水準未満(06/15)

医療・生命保険の需要、新型コロナで拡大(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン